モンブラン登山 ノーマルルート プライベートツアー

ヨーロッパアルプス最高峰、モンブラン登頂を目指す氷河トレーニング付きプログラム。グーテ小屋を経由するクラシック且つノーマルルートで挑戦。

モンブラン登山 ノーマルルート プライベートツアー
  • 6日間
    6日間
  • 2
    「中級」

説明

モンブラン登頂を少人数で安心のプラーベートツアーで!

お客様2名までのプライベートツアーですので、ガイドがしっかりとサポートします。
お客様のご都合・経験値・実力や体力にあわせて、臨機応変に対応可能なため、より快適かつ登頂確率の高いプログラムとなっています。

モンブラン登頂に向けての3日間の事前トレーニングおよび高度順化もしっかり実施!

登頂日には余裕を持って3日間を予定していますので、十分に準備をしてからのチャレンジが可能です。
もちろん悪天候などの状況の変化や体調管理にも対応可能となります。

アルプス山系最高峰モンブラン登頂に、ぜひ一緒にチャレンジしましょう!

ガイド紹介

名前:ステファン・コンテ
資格:IFMGA /UIAGM - SNGM
言語:英語・フランス語
居住地:フランス シャモニー
私はIFMGA認定山岳ガイドで、フランスのオート=サヴォワ県を中心に冬の時期はスキーツアー、それ以外はマルセイユのカランクで登山ガイドを行なっています。日本人のお客様とモンブランを登ったり、スキーを滑ったりもしています。

データ:

時期 6月 – 9月
日数 5泊6日 *悪天候を鑑み、登頂確率を上げるため、より長い日数をご希望の場合はご相談ください。
技術 / 体力レベル
経験値
このツアーでは、氷河上でのトレーニングを経てモンブラン登山に必要な技術を習得していきます。雪上および氷上でのアイゼンの使い方を知っていることが望ましいです。斜度は30-35°になる箇所もあります。ガイドの指導のもと、各自が自主性をもって行動することが要求されます。
体力レベル:1日の歩行時間は8-10時間になります。平均高度差は900 から 1,400mです。
渡航前のトレーニング:ご自身の荷物を最大3日間運びます。個人的な登山装備と約4-6キロのリュック(最低限の荷物のみ)そして、その日の食料です。
技術的難易度の高い登山ではありませんが、 アイゼン歩行に慣れることはとても重要です。事前に標高2,500m以上の山頂で高度順応することもとても有益でしょう。
言語レベル 英語でstop、rest、start、dangerなどの指示が理解できること、そして何か問題がおこった時に伝えることが出来る程度の基礎言語力が必要です。
人数 参加者2 名まで ガイド1名
*3名以上でご参加ご希望の場合はご相談ください。
保険 お客様の何らかの事情でツアーをキャンセルされた場合をカバーする保険に加入することを強くお勧めします。救援および送還費用を含む山岳保険加入は必須です。
料金 2,780ユーロ /1名様
1,390ユーロ / 2名様
*3名以上で参加をご希望の場合は、追加のガイドをアレンジいたしますのでご相談ください。料金に含まれるもの:

  • 6日間のガイド料金
  • グループ装備(ロープ等)
  • 一部個人装備(ハーネス、ヘルメット、アイゼン、ピッケル)

料金に含まれないもの:

  • シャモニーでの宿泊費、山小屋代(テートルース小屋 約90ユーロ / グーテ小屋 約110ユーロ)
    *共に夕食・朝食込みの2018年料金になります。
  • その他レンタルが必要な場合の装備レンタル料
  • リフト代
  • その他交通費
  • ガイド費用(山小屋代)
  • 個人的な出費
  • 悪天候あるいはリフト運休の影響によってプログラムが変更された場合の費用
  • 個人の保険加入費
  • 上記「料金に含まれるもの」に記載のないもの

 

行程:

ここに記した行程は、ノーマルルートを通ったモンブラン登山ツアーの一例です。天気の様子、雪の状態、参加者の技術・体力レベルなどによって、ガイドの判断でプログラムを変更し行程も異なったものになる可能性があることをあらかじめご了承ください。

 

詳細 宿泊 高度差
1日目

シャモニーにてトレーニング
午前9時にお泊りのホテルにお迎えにあがります。アイゼンを使った氷上の歩き方やピッケルの使い方などを学びます。

シャモニー ---
2日目

 エギュイーユ・ルージュにてトレーニング

今日はエギュイーユ・ルージュ(標高2,965m)にて岩山登山のトレーニングをします。ここまでの3日間のトレーニングで山頂へチャレンジするための適切な技術を学び、高度順化できる体制が整っているはずです。

シャモニー 850m
3日目

 エギーユ・デュ・ミディからポイント・ラショナルへ

今日はエギーユ・デュ・ミディ(3,842m)からポイント・ラショナル(3,613m)へ降ります。高度順化を行います。

トリエン小屋泊 100m
4日目−6日目

モンブラン登頂

4日目、登頂に出発します。2晩をテート・ルース小屋(3,167m)で過ごします。モンブランを3日かけて登頂するのは素晴らしい登山体験になるでしょう。モンブラン山頂から息を呑む様なアルプスの尾根の絶景をお楽しみください!

6日目にはシャモニーに大体12時頃に戻ります。

グーテもしくはテート・ルース小屋泊

装備リスト:
以下の安全装備は無料でお貸しすることが可能です。
アイゼン、ハーネス、ピッケル、ヘルメット
またロープなどのグループ装備もガイドが持参いたします。
お客様ご自身でご用意いただく必要がある装備は、下記リストの項目となります。*またモンブラン登山に適した登山靴などは、シャモニーの町でも良質なものがレンタル可能です。

装備名 詳細
薄手の帽子 軽量の帽子はアプローチの際、使用するため
氷河用サングラス 氷河上は紫外線と日差しが特に強いため、最も暗いサングラスで横から日差しが入りにくいものが必要です。通常はCategory 4のサングラスになります。
高性能アンダーウェア・
ベースレイヤー
長袖および半袖
薄手のフリース上着かダウンジャケット ゴアテックス製ジャケットの下に着るもの。休憩時に寒さを防げるように。
ゴアテックス製ジャケット 防水で通気性の良いジャケット。軽量でコンパクトにまとまりリュックのスペースを邪魔しないものが望ましい。
グローブ 防水で通気性の良いもの。ソフトシェルのものに加えて防寒用のものも。
ズボン 軽量の登山ズボン。防水で通気性の良いもの。(ソフトシェル素材が良い)
登山用ソックス
登山靴 軽量でアイゼンを装着できるもの。軽くて扱いやすい登山靴を履くことで、登山がより快適になります。モンブラン山頂は風も強く、寒いので4000m峰に適した雪山用の登山靴が必要です。適したものをお持ちでない場合はシャモニーの町のスポーツショップでレンタルすることを強くお勧めします。
ゲートル 雪上で足元を保護するため、に加えて、ゲートルはアイゼンを装備して歩く際にズボンが傷まないようにするため、でもあります。
シルク製 インナーシーツ 山小屋で使えるような薄手で軽量のもの
水筒かキャメルバック(1リットル)
登山ナイフ
ヘッドランプ 予備の電池も。
リュック・荷物 登山の際は、容量35‐40リッターのリュックでピッケル・ホルダーと腰ベルトがついているものが適しています。そのほかに、他の荷物を入れて、シャモニーの宿やガイドの車の中に置いておくための旅行バッグが必要です。
簡単な洗面道具 個人的な洗顔用品など
石けん あるいは水無しで使えるハンドソープなど。地球環境を守る観点から、生物分解可能なものをお持ちください。
基本的な非常用医療キット 常備薬、湿布薬、絆創膏、消炎剤、ビタミン剤、鎮痛剤(アスピリンなど)、抗生物質、下剤、感染症治療薬、腹痛止めなど。日焼け止め(SPF50)